モデラー失格キットコレクター日記

主に模型の買い物の記録。意図せぬ多重購入防止のための備忘録。

2008年04月

痛車No.2 ToHeart2 AE86トレノ前期型のデカールは非売品

先日、アオシマの痛車No.2の86トレノを買ったんです。

1/24 痛車 ToHeart2 AE86スプリンタートレノ 前期型
1/24 痛車 ToHeart2 AE86スプリンタートレノ 前期型


で、中身を確認したんです。
そしたら、組立説明書のパーツの注文に関する部分にシール(この場合、デカールのこと)は非売品と書いてあったんです。
もうね、ミスしたら諦めろということかと。
まあ、理由はなんとなく分かるんです。
ハルヒ痛車発売の際にデカールだけ注文した奴がいっぱいいたからだろうなあと。それも、キットを作る際に紛失や破損したわけでもないのにデカールだけ欲しがって注文した奴が。
つまり、失敗した際の救済システムをそういう風に利用する奴がたくさんいた結果、それに困った販売会社が救済システム自体を放棄せざるを得なかったのだろうなあということ。
で、何が言いたいかというと、痛車のデカールが非売品になったのはアオシマではなく、そういうことをしたユーザーに帰責されるべきという話。

第47回 静岡ホビーショー ハセガワの新製品はいかに

http://www.hasegawa-model.co.jp/47sh/08hs_1.html
静岡ホビーショーに向けてハセガワの新製品が発表された。
1/350陸奥は新金型部品追加製品でエッチングの他、様々な封入特典のある豪華仕様。
1/700赤城は完全新金型で三段甲板時代の姿を再現。
1/200ボーイング737も完全新金型。
完全新金型製品は他に1/32P-40E、たまごひこーきP-51。
新金型部品追加製品は他に、1/48屠龍丁型、1/72B-24J、1/48J35Oドラケン。
「飛行機のハセガワ」らしく飛行機の新製品が多いものの、注目の製品は艦船の1/350陸奥と1/700三段空母赤城。
これ程、艦船模型で新製品が発表されるのは、大手メーカーの新製品投入が途絶えていたかつての時代を考えるとまるで嘘のようだ。
1/350ではフジミ・アオシマが金剛級の発売を既に発表しており、近年の艦船模型の新製品攻勢はまだまだ続くようだ。
1/200旅客機久々の新製品である1/200ボーイング737にも注目したい。
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • 2020年8月の買い物
  • 2020年7月の買い物
  • 2020年6月の買い物
  • 2020年5月の買い物
  • 2020年4月の買い物
  • 2020年3月の買い物
  • 2020年2月の買い物
  • 2020年1月の買い物
  • 2019年12月の買い物
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ